子供の食事の回数やエネルギーの配分は?

~不足した栄養分はおやつなどの間食で~

子供は、体が小さいのですが多くのエネルギーや栄養素を必要とします。このエネルギーや栄養素なのですが、朝・昼・晩の3回の食事では全て摂取できませんので、不足した栄養分をおやつなどの間食によって補っています。

~食事のエネルギーや栄養素の配分~

大人の食事は、朝食・昼食は軽く済ませ、夕食は重点がおかれていますが、幼児での全体配分比は、朝食:25~30%、昼食:30%、間食:10~15%、夕食:30%となりこの配分比が望ましいとされています。
子供への間食は、甘いものを少しは与えてもよいですが、間食は子供にとっても大事な栄養補給なので、出来ればたんぱく質やカルシウムの栄養分をしっかり与えましょう。

~朝食はしっかりと食べましょう(^^♪~

近頃の子供は、朝食をしっかり食べていない事が多いようです。
その原因は親にあるという例もあります。
テレビゲームなどのゲーム遊びで夜更かしをすると、朝が起きづらく朝ごはんをほとんど食べないまま学校へ行き、勉強に身が入りません。
1日2回の食事になると、脂肪がつきやすく(因みにお相撲さんは2回です)肥満になり、身長の伸びが悪くなります。

~子供の食事の回数は1日4食でも良い!~

食欲はあるのですが、すぐにお腹がいっぱいになり、しっかりと栄養が摂れない幼児の場合は、1日4食の食事をしても良いです。PM3時~4時頃に1度食事をし、そしてお父さんが帰ってくる夜6時~7時頃に夕食をします。これはおやつの時間にきちんと食事をするという事です。
子供は、幼稚園や学校から帰ったPM3時~4時頃が一番お腹がすいていることが多いです。そのお腹がすいている時が、一番おいしく食べられ、消化もかなり良いのです。この時間帯にスナック菓子やジュースなどでお腹が満腹になってしまうと、夕食がしっかり食べられないことがあります。
その代わりにきちんとした食事をおやつとして与えていれば、夕食の量が減少しても栄養分などの偏りは少なくてすみます。

~オススメおやつのメニュー~

おやつでたんぱく質やミネラルを補給しましょう!
まず、ヨーグルトは、無糖のものに砂糖を少しだけ加えて食べましょう。バナナは大切なマグネシウムの補給源です。そして枝豆やチーズは、おやつにも最適です。ピーナッツはたんぱく質とミネラルが豊富です。
しかしあまり食べすぎはよくありません。意外なのは、するめがたんぱく質豊富な事で、選ぶ時はリン酸塩無添加のものにしましょう。最後にゆでたまごは非常に優れたたんぱく源です。(^^♪

~冷凍保存を利用しましょう!~

料理は多めに作ってもそんなに手間がかかりませんよね。その時作り置きをしておきましょう。2・3日の保存でしたら冷蔵庫でもいいのですが、何かしらの保存としてはフリージングがおススメです。
冷凍庫に保存する場合は、手間がかかっても子供の食事1回分に小分けをしておくと、レンジなどで再加熱の際にすごく便利です。
また、冷凍庫の中は乾燥したり臭いがつくので、密閉する容器や専用の袋を使うと安心です。
そして意外と忘れてしまうのが、冷凍した食品をいつ食べるかです。2週間を超えるようでしたらメニューに入れ、長い間冷凍保存しないことがおいしく食べるコツです。(^^♪

~休日の食事で差がつく!~

休みの日はお父さんお母さんもゆっくりしたいと思います。子供も起きていたり、寝ていたり・・・。
休日には朝食を抜く割合が平日の3~4倍以上となっていて、昼食も麺類やおにぎり等が多いので、おかずが少なく給食のある平日と比較してカルシウムなどの摂取量が少ないのが現実です。平日の栄養が十分でも、1週間に1度栄養摂取が不十分な日があると、成長に影響が出て来ます。そうなる前に、下記のような対策を立ててみましょう。
①平日でも朝食は、ある程度の前準備をしておきましょう。
②休日の朝はゆっくりできるので、平日よりもしっかりと朝食を摂りましょう。
③休日の食事は、子供にも準備を手伝ってもらいましょう。高学年になったら、子供が自分で出来る料理も教えてあげるといいですよ。(^^♪
①休日はスナック菓子などを多く食べてしまうことが多いので気を付けましょう。
⑤外食する際は肉、魚、卵等のたんぱく質が豊たくさん入っているようなメニューを選びましょう。
⑤休日はジュースや炭酸飲料を控えて、学校でいつも飲んでいる牛乳1パック(瓶)分などを目安に飲みましょう。

~楽しく栄養を摂取しましょう(^^♪~

身長を伸ばしていくのに、どんな食べ物が必要かは知識として知っていたいものですが、それだけでは不足してしまいます。
子供にとって大切なのは、楽しむ事が大切なんです。
よくおじいちゃん、おばあちゃんが孫にお菓子を与えるので困るという例があります。子供にとって甘いお菓子は太る原因となるので、身長増加には役立ちません。
でも、笑顔でお菓子を食べる子供はとても楽しそうです。栄養的には無駄と思われるお菓子でも、子供の情緒を安定させる効果は無視できません。そして情緒が不安定だと身長は伸びません。少しぐらいなら、無駄と思われる栄養も役に立つので、食べさしてあげましょう。

~インフォメーション~


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑ PAGE TOP