赤ちゃんは小さく産んで大きく育てる?

~大きく産んだ方が成長には有利~

赤ちゃんを小さく産んで大きく育てるといった言葉があります。実際に赤ちゃんは大きく産んだ方が、その後の成長には有利です。赤ちゃんを大きく産む為の注意点などをまとめています。

~赤ちゃんを大きく産んで大きく育てましょう(^^♪~

①出生前の母親の栄養不足に注意!
妊娠中の栄養摂取は、注意が必要で食べ過ぎはよくないですが、栄養不足も胎児の発育に影響が出てきます。
そして妊娠をする母親の過去の栄養状態も影響があります。
妊娠中の栄養摂取が適切でも、胎盤や胎児の栄養状態に影響を与える可能性があります。
妊娠前に極端なダイエットをしていて、栄養不足になっていると、胎児の発育に影響が出る可能性があります。
②妊婦の飲酒に注意!
ある程度の飲酒はいいのですが、飲みすぎは非常に危険です。アルコール中毒の妊婦の胎児は小さく、ほかの障害がみられる事があります。
③妊婦の運動に注意!
妊娠中、長期間にわたり激しい運動を行うと、胎児の発育が阻害される可能性があります。

~母親の偏った食事は母乳の質が悪くなる~

良い餌を食べている乳牛の牛乳は美味しいと言われます。
これと同じで人間の母乳にも、母親によって違いがあります。
産後の事を考えてダイエットなどを励む母親もいますが、体重を減らすために、食べないといけないものを食べずに、母乳の質が低下し赤ちゃんの発育に悪影響が出る事もあるようです。

~母乳の環境汚染物質について~

母乳の中には、微量ですが各種の化学汚染物質が検出されているようです。
ダイオキシンも、母乳の中に極微量ながら存在しています。
極微量であっても有害であるとの説もあります。
ダイオキシンなどの環境ホルモンを避ける工夫は存在します。
~思春期の時期は早い?遅い?のページを参照~

~健康な体が身長を伸ばす。~

子供の身長を伸ばすためには、十分な睡眠や運動、偏らない栄養が大切です。
健康なからだがあってはじめて出来る事なのです。
病気になってしまうと、運動もできず、食欲も減少、睡眠も妨げられてしまいます。
アトピー性皮膚炎のかゆみ、気管支喘息のせきなど、夜眠れないこともよくあります。
扁桃肥大やアデノイドも、不眠や食欲不振の原因になります。
夜中のおしっこで起きてしまうのも、睡眠が分裂され、身長が伸び悩む子供もいます。

~生活環境が身長を伸ばすポイント~

幼児期に形成された良い生活環境は、子供にとって一生の宝となり、身長増加のうえでも大変役にたつでしょう。
逆に、いったん悪い生活環境が形成されると、そこから抜け出すのは容易ではありません。
【ポイント】
①偏食をしない。
②早寝早起き。
③朝食はきちんと食べる。
④テレビやゲームは2時間までにする。

~インフォメーション~


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑ PAGE TOP